読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス語検定試験のパリ近郊における受験事情

特にDELF/DALFなどはパリ市内の語学学校に対策コースがたくさんあるので, そういうのに通っているなら情報ははいってくるのでしょう.

TCF=Test de connaissance du français

TCF - Test de connaissance du français

すべての受験者はヨーロッパ評議会(ヨーロッパ共通基準枠組み)が定めた6等級区分(A 1からC2)の内のいずれかに等級付けされた証明書を受け取ります。従ってTCFに不合格はありません。

多くの私立語学学校, 例えば, Accord, ELFEなど, や, 大学, 例えば Sorbonne, Ecole Polytechnique など, の外国語部門で受験できる.

期日は試験会場ごとに異なり, 1か月に1回程度やっているところも多い. 受付は2週間くらい前までだが, 満員になることもあるのか? 前回の受験から60日空けなければいけないが, 1月1日, 2月1日, 3月3日, のようにずらしてくれてるわけではないので, 実質3か月空けなければいけなくなることもあるでしょう.Sorbonneは土曜日にやっているので助かる人もいるでしょう. 必修部分は選択回答式でコンピュータ化も進みつつあるらしく, 処理が容易なのでしょう.
申込は各試験会場に. 必修部分 9000円:85€(会場によらない?).

TCFの採点方法

必須部分は4肢選択のみ. 正解1点, 無解答と誤答は0点(つまりTEFとは異なり, わからないものもあてずっぽうで埋めろってこと. まぐれあたり分は合計するときには補正するのでしょう)で, 単純な合計ではなくたぶんIRTを使って100--699点に換算される.

結果を受け取るまで

採点センター(?)は, 結果を受け取ってから2週間で採点結果を返送できると書いてあるが, 間には試験センターがはいっているので, 受験者の手に届くにはもう少し時間がかかる.

hig3の場合, 12月13日に受験, 1月30日に結果 attestation が郵送されてきた. これは自分で書いた返信用封筒によるもので, 国外に送ってもらうことも可能. なお, 1月15日に試験センターに行ったところ, 結果はそこには届いていてコピーがもらえた. このケースは, 間にクリスマス休暇がはいっていることに注意.


DELF=diplôme d’études en langue française, DALF=diplôme approfondi de langue française

DELF(A1,A2,B1,B2)・DALF(C1,C2)という6つの新しいディプロム(証書)が、発行されます。各々のディプロムは、聞き取り・読解・文書作成・口頭表現の4つの能力が評価されます。

DELF - DELF version junior - DALF Diplôme d'études en langue française Diplôme approfondi de langue française Harmonisés sur le Cadre européen commu

試験会場も期日もごく限られる. Université Paris I Sorbonne, Université Paris III Sorbonne Nouvelle (B1以上), l'Alliance Française のみ. 近郊の町まで行けば, もっとあるのでしょう. 例えば Université Paris X Nanterre とか. 申込は各会場へ.

Sorbonne

年2回. 12月, 5+6月. 申込は2or3か月前まで. A1/2 90€, B1 130€, B2 140€.
http://www.ift.gr/files/cal.pdf

l'Alliance Française

たぶん年4回. 1,5,7,11月. 申込は1か月程度前まで.
料金はここの学生であるかどうかによって異なる. A1 90€:140€, A2 100€:145€.
http://www.alliancefr.org/rubrique.php3?id_rubrique=1339

l'Alliance Française で受験して結果を受け取るまで

学部生は12月18日が申込締切, 内部生は1月6日が申込締切. hig3の知り合いの場合, 郵送で内部生として申し込む. 返信用封筒も2通いれたが, 受験票やconvocationが送られてくるわけではなく, l'Alliance Française内の試験事務室の掲示板に日時や部屋を確認しにいく(内部生なら容易なはず?). 1月20日口頭試問, 1月26日筆記. 2月27日(金)に結果が出るから取りに来るように言われる. 取りに行かなかったら3月2日(月)に発送, 3月3日(火)着の郵便で届いた.

日本(比較)

年2回. 大都市のみ. DELF A1/2 10000円, B 12000円など.

TEF

調べてませんが, TCFに近い印象.

仏検=実用フランス語技能検定試験=DAPF=Diplôme d'Aptitude Pratique au Français

日本のフランス語教育の実態に則して基準が決められているので、学校の学年との対応関係からみると、5級から2級までは英検より少しずつ程度が高い印象をあたえるかもしれません。いずれにせよ、1級合格者が実社会で通用することはこれまでの実績が証明するところです。 ※併願は、隣り合った二つの級まで出願が可能で

在仏日本人会 http://www.nihonjinkai.fr/ のみ. 級は限られる. 2008年秋の場合, 2, 準1.
時期は日本での実施と全く同期しており, 6,7月or11,1月. 申込は5,10月まで. 日本では隣接2級併願可能だがこちらでは?. 申込は日本国内とは異なり在仏日本人会に直接. 2級7000円:80€.