読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microsoft Producer for Microsoft Office PowerPoint 2003における音声と自動ナレーション

ビデオ・オーディオ, 画像, PowerPoint スライド, html などを統合・同期して, ブラウザ+プラグイン(?)で再生できる目次付きのプレゼンテーションを作成できるソフトウェア(PowerPointプラグイン?). これ単体でビデオやオーディオのキャプチャもできる.
2008の英語版Betaが出たとは言え, 正式版はこれが最新.

PowerPointの自動プレゼンテーション用のナレーションの謎

PowerPoint 単体で, スライドの切替タイミングを保存しつつ, ナレーションを録音することができる. そのようなPowerPoint のスライドをProducerのプレゼンテーション作成ウィザードで読み込むと, PowerPoint スライド切替タイミングやナレーションもあわせて読み込まれる. 実際, そのままプレゼンテーションを発行すると音声が正常に再生される. タイミングについてはタイムライン上の各スライドの継続時間として現れており, よくわかるのだが, ナレーションのオーディオは, タイムラインのオーディオやオーディオ2に現れるわけではない. どこに保存されているのだろう? この場合に限ったオーディオの特別な扱いをしているのだろうか?

状況証拠
  • ウィザードを使わずにふつうにインポートをするとオーディオは読み込まれない
  • ウィザードでナレーションとともに読み込んだ状態でさらにビデオを取り込むと, ナレーションは消える(同じ時間帯でなくてもビデオのオーディオトラックに上書きされる?)

なお, Producerのツール>オプション>一般から, インポート時にオーディオとビデオをスライドから分離する, を選ぶことができるが, これは, ナレーションのオーディオをオーディオトラックに入れてくれるのではなく, 単にナレーションのオーディオを捨てるという意味.

自動ナレーションと別のビデオの共存

というわけで, PowerPoint の自動プレゼンテーション用に録音したナレーションを生かしつつ, 新たにビデオを取り込もうとすると困る. しかしここには回避策がある. PowerPointにナレーションを録音する際に, スライドショー>ナレーションの録音に, リンクするナレーションというチェックボックスがある. ここにチェックすると, オーディオをPowerPoint内に埋め込むのでなく, 外部の音声ファイルとして保存しそのファイルへのリンクをPowerPoint内に持つようにすることができる. すると音声オーディオファイルは, スライドごとに分かれた, ファイル名.ppt番号.wav という形になって指定したディレクトリに置かれるので, これをタイムライン上のオーディオ2トラックに手で追加してやればいい(スライドの数だけ繰り返す必要)

Producerで録音

むしろ, PowerPoint単体で録音するのはやめて, Producerでオーディオまたはビデオを取り込むという手もあるわけだが, hig3の環境Windows XP Professional では, 人間が同期の参考にするためのプレビューウィンドウがうまく動作せず, JavaScriptのエラーになる. また, プレビューではアニメーションが再現されないので, スライドの切り替えタイミングには合わせられるが, アニメーションのタイミングには合わせられない?