読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Update to Mac OS X 10.6.3 に失敗してKernel Panicを繰り返す

  • MacBook Pro(Late 2008), Mac OS X 10.6.2 を, Apple Software Updateで普通に10.6.3 (Released on 2010-03-30)に上げようとした. MacBook(Late 2008)では何の問題もなかったので安心していた.
  • アップデート適用後に再起動を求められ, Yesを選択したのだが, 次々Windowが閉じていく途中で, 「アップデートの途中で終了しないでください」のようなWindowが閉じるのが一瞬見えた. 他のプロセスは走らせていないつもりだったのだが.
  • 再起動後, 暗い画面に4カ国語で"You need to restart the Computer.... コンピュータを再起動する必要があります" というkernel panicの画面になる. 指示通り, Power button長押しで終了, 普通に起動したところ, まったくkernel panicの画面になって何度か試したが起動できない.
  • Shift keyを使ってsafe boot.この際にfsckなどによりdiskやpermissionが検査修復されるのだという. safe modeで起動することに成功. しかし再起動すると再びkernel panicの画面になってしまう.
  • Option+Command+P+RでPROMのリセット. 確かにボリュームや輝度がデフォルトに戻るが, kernel panicは解消されない.
  • Install Diskがあれば, Hardware testやディスクユーティリティによる検査・修復が可能だがたまたま手元になかった.
  • Safe bootしたあと, log filesを眺めて原因を探る.
    • Safe boot時に出るalert,および/Library/Logs/DiagnosticReports/Kernel_2010-03-....panicは毎回
      Kernel Extensions in backtrace (with dependencies):
         com.apple.iokit.IOBluetoothSerialManager(2.3.1f4)@0x57a2f000->0x57a37fff
            dependency: com.apple.iokit.IOSerialFamily(10.0.3)@0x57a26000
         com.apple.iokit.IOBluetoothFamily(2.3.1f4)@0x5738b000->0x573c7fff

Bluetoothの問題か? Magic MouseとWireless Keyboardを使っていて, BetterTochTool 0.521(最新でなかった)を使っているが関係ある? Magic Mouseの3rd party driverの中には, Bluetooth関係のkernel extensionにpatchをあてるものがあるという記事を見て疑いを深める.

    • /var/log/system.log には/System/Library/Extensions/CUDA.kext がおかしなメッセージを出している. しかしsafe boot時にはApple以外のkextは外されるはず. Validityのために外されたkextが"failed"のようなメッセージを出すことがあるので, これは関係あるのかどうか.
  • (/System)/Library/Extensions, (/System)/Library/StartupItems から怪しいものを外せ, というadviceを見かけたので, BluetoothSerialManager.kext やCUDA.kextを外すことを考えるが思いとどまる.
  • Bluetooth関係の何かが壊れたか, Updateが不完全だったのだろう, という作業仮説を立てて, safe modeでwww.apple.com から(どちらも適用済みであるはずの)10.6.3 Combo UpdateBluetoothFirmwareUpdate2.0.1をダウンロード, 適用. Combo Updateに求められるままに再起動.
  • 復活.
  • その後もBetterTouchTool 0.521はwarningを出していた. しかし動作はほとんど正常に見える. すでにReleaseされていた0.53にupdateする.