読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(教育)機関内で OS X Lion (10.7) にアップデートする3つの方法

Snow Leopard から Lion にアップデートする普通の方法は, Mac App Store での購入(2600円)である. 1回の購入で(同一 Apple ID 使用者が使用する)複数台のMacにインストールできる. しかしこれは個人使用の場合で, 会社や学校で導入している場合, 台数分の購入が必要になる. App Store でどうやるのか? 1台ごとに別のApple IDを使う?

また, Mac App Store で購入するとして, Apple IDにはふつうクレジットカード情報が紐付いている. 管理者がぜんぶのMacにクレジットカード情報(私物か公用か)を入力してまわるというのも楽しそうな話である. また, 支出が銀行振込に限られる機関もある.

そこでどうする?

  1. USBフラッシュメモリ付き入りの Lion をMac1台あたり1本購入してアップデートに使う.
  2. iTunes Card を購入する. クレジットカードと紐づけないApple IDを作り, 入金して, アップデートに使う.
  3. (とった方法)Apple Store に電話して, Lion のボリュームライセンスを発注する(20台分以上であることが必要. Online の Store では発注できないようだった). メールで見積書などを送ってもらえる. ボリュームライセンスの実体は iTunes Card の裏に印刷されているようなただ1個のキー. これを, 1個の Apple IDに紐づけることができる(クレジットカード情報不要). 購入した個数分の mac でこれを共通にアップグレードに使う.

Mac OS X Lion Server For Dummies (For Dummies (Computer/Tech))

Mac OS X Lion Server For Dummies (For Dummies (Computer/Tech))

Apple Pro Training Series: OS X Lion Server Essentials: Using and Supporting OS X Lion Server

Apple Pro Training Series: OS X Lion Server Essentials: Using and Supporting OS X Lion Server