読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

host Debian のKVMで, virt-manager から開いた guest Debianのインストーラのウィンドウに キーボード入力できない → 回避策

問題

host DebianKVMで, virt-manager から開いた guest Debianインストーラのウィンドウに キーボード入力できないという状況. virt-manager のフォームとかには入力できるので, X11 Forwarding や, よく解説されてるAppleX11がOptionキーにAltを対応させてない問題とは関係ないはず. むしろhost内でのVNCの問題だろう.

host にはグラフィカルデスクトップ(=X server)がはいっていなくて, 別の管理用local machineでX server を使ってるという状況です. けど, この問題と回避はこの前提には依存しないんじゃないかな〜

回避策

host Debian のターミナル内でコマンドラインツール virt-install でインストールを開始. あとで VNCで接続するので,

sudo virt-install .....  --vnc --vncport=5900 --vnclisten=0.0.0.0  ....

などとしておく. Xのwindowが開けないので停止するよ, というwarningが出たところで, 管理用local machineの のX serverから

ssh -X  user@host virt-viewer --connect qemu:///system id

してウィンドウを開く. このウィンドウでは, インストーラに対して, マウス, キーボード入力ともできる. ここで, id はhost上で

virsh list

して調べておく. このインストーラでインストールが完了して再起動した後には, virt-manager から Open したguestウィンドウ内で, console, X11に対してマウス, キーボード入力が可能になる(だから, virt-managerの問題というよりは Debian インストーラまたはその相性の問題なんじゃないのかな〜ちなみに, virt-managerからOpenしたguestウィンドウにキーボード入力ができない状態で, 重ねて virt-viewerを使った場合には virt-viewerからもキーボード入力できない. だから virt-install を使わなきゃいけない).

実験環境