読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指導教員推薦所見を書くときに参照すべき日本学生支援機構奨学生推薦基準

(2015-10-24 Sat 更新)

日本学生支援機構奨学生の大学院奨学生で必要になる, 「指導教員推薦所見」. 「日本学生支援機構奨学生推薦基準に照らし, 大学院奨学生としてふさわしい者であるとする所見を記入してください」という指示だが, その「日本学生支援機構奨学生推薦基準」を検索でヒットするのは容易ではない.

以下の文書には, 推薦基準, 推薦方針, 学力基準などの言葉づかいで, どういう人が大学院奨学生としてふさわしいか, 推薦されるべきか, が述べられている.

(2017-04-08 Sat 追記 以下のPDFへのリンクは, 事務担当者に配布されるIDによるアクセス制限下になったようだ. 代用となりうる(応募者側向けに書かれた)文書群はこれか)

(以下は 2017-04 現在は制限下でアクセスできない)

③推薦順位の決定は,推薦基準の各項(人物・健康・学力・家計)の総合判定によりますが,
学力と家計との関係は学力に重点を置いてください。

ア 人物 -第3-56頁参照-
イ 健康 -第3-56頁参照-
ウ 学力 -院-9頁参照-
エ 家計 -院-11頁参照-
業務方法書 別記
大学及び大学院の学生生活における行動の全般を通じて,意志が固く,責任感が強く,中正
妥当な性格で,特に研究心が旺盛なこと。
業務方法書 別記
別に定める健康診断により,修学に支障をきたさないこと。 

院9,11ページはこの文書内のページを指す.