読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Groups for Work の階層化(親子,部分)グループにおける権限の継承

Google Groups for Work には, グループを階層化する機能がある.
http://d.hatena.ne.jp/hig3/20120407/1333758594

以前は, 子グループを作成するときに親グループ1個の名前を指定する方式だったが, 現在は, 親グループへのメンバー追加として, 子グループのアドレスを追加する方式になっている(ということは多重継承=複数の親を持てるようになったのか? 未実験). ちなみに, loopを作ろうとするとそのたびに検証されて拒否される.

階層化グループがあったときに権限は親から子に継承されるのか? もちろんメッセージは親グループに投稿したメッセージは子グループにも渡されうるはずだが. 2個の矛盾しそうな記述を発見.

If you share content with a group that contains another group, the members of the sub-group will have the same access to the content as the parent group.

Use groups to share content - Google Apps Help

Groups that are nested do not inherit the permissions of the group they are nested in. For example, Region A, B, and C will not inherit the permissions of the larger group.

Add a group to another group - Google Apps Help
  • 親グループ=a group=parent group=the group they are nested in=larger group
  • 子グループ=another group=sub-group=groups that are nested=Region A,B, and C

これらは実は矛盾していなくて, 別の権限のことを述べているのだろう. 前者は Drive や Calendar をGroupで共有したときのコンテンツに対する権限の話(これにはカスタマイズの余地はなさそう. 嫌なら各子グループと共有せよ). 後者は Groups における投稿やmoderationに対する権限の話(各子グループの権限は親グループ内でカスタマイズ可能). そう思うと, 自然な仕様.