読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Movable Type または はてなダイアリー から Evernote への変換

やったこと

非公開はてなダイアリーを, Movable Type形式, Evernote XMLを経由してEvernoteにbatch importするPython scriptを書いた.

http://www.a.math.ryukoku.ac.jp/~hig/projects/mt2en/

余り役に立たない経緯の説明

他の人に見せない日記をブログの非公開モードを使って書くことがある. どの計算機(や携帯)でも書けるし, 読めるから. まあインターネット接続が必要だけど.

id:hig3 は 2006年くらいからはてなグループ http://g.hatena.ne.jp の有料の1人モードで日記を書いていた. はてなグループだと, 自分専用のキーワードを作れる. これをWiki的に使おうかと思ったのでダイアリーでなくグループを選んだ. しかし, 意外にキーワードの機能を使わないことがわかってきたので, 2009年にはてなダイアリー http://d.hatena.ne.jp/ の無料プライベートモードに移行した. 移行は容易で, データ管理から, はてな形式(XML)でエクスポート, インポートすればよかった(キーワードをたくさん作っていたら問題だったろう)

2010年からは, それまでのはてなダイアリーは更新を停止して, Evernote http://www.evernote.com で日記を書くようになった. どこでも読み書きでき, インターネット接続がなくてもある程度のことができるのでまあハッピー. しかし問題は, 過去の日記から検索しようとすると, はてなEvernoteの2箇所を検索する必要があるということだった. Chrome の Web Clipper なら Web検索とEvernote内検索を同時にできるが, インターネット接続があるとしても非公開のはてなダイアリーGoogleはindexしていないのだから解決になっていない.

どうすればいいか. はてなダイアリーのデータをぜんぶEvernoteに放り込んで一元化すればいいだけのこと.

採用しなかった作戦

採用した作戦

Evernote Desktop は専用のアーカイブ形式, Evernote Markup Language, Evernote XML などと書かれているものをインポートできる. そこで, はてなダイアリーから何らかの形式(Movable Type形式 id:hatenadiary:20060418:1145327633をここでは選んだ)でエクスポートしたものをEvernote XMLに変換すればいいということ. 画像は, img要素の指している先をGETしてエンコードしてXMLに含めるのが正しいが, そこまでは気合いをいれないことにしておく.

今ごろ github で公開

今ごろ github で公開. はてなEvernoteの仕様変更があったかどうか, チェックしてません.
https://github.com/hig3/mt2en/