読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wanderlust のアドレス情報ファイル(alias)のbackward compatibility

Wanderlust は POP, IMAPにも対応した, emacs lisp で書かれemacs上で動作するメーラ. 直接の継承関係はないが, MH, mh-e, Mewなどの影響を受けているのではないかと思う.

Wanderlust でメールアドレスのグループ(複数のアドレスからなるalias)を使うのにはどうしたらいいかを考えた(もっと簡単な方法がある?)

Wanderlust の alias

Wanderlust の特徴のひとつとして, 独自のアドレス帳を持ち, アドレスマネージャで編集できるということがある. アドレス帳はデフォルトでは ~/.addresses に独自の単純なフォーマットのテキストファイルとして保存される(ので手でも編集できる). ~/.addresses 形式は, 複数のアドレスをまとめたaliasを定義することに対応していない(と思う).

MH, mh-e の aliases の使用

MH, mh-e では alias はデフォルトでは ~/Mail/aliases にテキストファイルとして保存される. -ali オプションで任意のファイルを指定できる. フォーマットは ~/.addresses と異なり, 複数のアドレスをまとめたaliasを定義することに対応している.

この ~/Mail/aliases を Wanderlust から使用するには, ~/.wl などで

(setq wl-alias-file "/home/hig3/Mail/aliases")

などとすればいい. これを使うと複数のアドレスをまとめたaliasを利用することができる.

Mewの AddrBook の使用

初期のMewでは上記のaliasesフォーマットを使用していた. 現在のMewでは aliases とPetnamesが統合されたものが, デフォルトでは ~/.im/AddrBook にテキストファイルとして保存される. フォーマットは上記のいずれとも異なる.

この ~/.im/AddrBook を Wanderlust から使用するには, ~/.wl などで

(require 'wl-addrbook)
(wl-addrbook-setup)
(setq wl-alias-file "/home/hig3/.im/Addrbook")

すればいい.

WL addrbook

Mew-1.94 以降に導入された Addrbook を使用するパッケージ。 Addrbook の書式は [Mew-dist 08237] を参照。

Wanderlustの9/22以降のMain trunkのutilsに含まれました。

* wl-addrbook.tar.gz (2001.9.22)

この情報を発見するのに苦労したのがこの記事を書く動機(Infoや公式ドキュメンテーションには書いてない. 検索が下手だっただけだが).

ただし, hig3 の環境(Fink Emacs22 on X for MacOS 10.5)では, こうすると最初は正常に動作するように見えるが, inbox を再スキャンした後などは, アドレス補完だけでなく Wanderlust のフォルダ操作メッセージ操作でエラーが出るようになってしまって正常に使えていない.

LDAPの利用

WanderlustではLDAPからアドレスを取得することもできる.